東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介!

DITTOS(ディトーズ)の口コミ・評判

DITTOS(ディトーズ)の画像1

DITTOS(ディトーズ)は、BRIONI GINZAのアジア初となるMASTER TAILORとして活躍していた実績を持つ水落卓宏氏がオーナーを務めるオーダースーツショップです。店名の「ディトーズ」は、スーツを意味する古語から取られています。

「流行を超越したクラシックなテーラード・クロージングは紳士にとって必要不可欠」というのがディトーズの考え方です。紳士の装いが持つ意味や説得力を広めるべく、最高のスーツを誂え続けています。

まったく違った特徴を持つ2種類のオーダー

DITTOS(ディトーズ)の画像2

ディトーズには2種類のオーダー方法が存在します。それぞれの特徴は以下の通りです。

■ BESPOKE(ビスポーク)

紳士服をあつらえる際の伝統的な方法です。「話を聞かれながら」という意味のbe spokeが語源となっており、テーラーが顧客と話をしながらスーツを仕立てていたことからそういった呼び方がされるようになったといいます。

ディトーズのビスポークスーツは、外部に作業を依頼するようなことはせず、受注の相談から採寸や型紙作成、仮縫いやフィッティング、そして本縫い仕立てから納品に至るまで、すべてをディトーズが行うのが特徴です。そういったこだわりが、筋の通った説得力のあるもの作りに繋がっているのだという考えにもとづいています。

外注しないというのは、こだわりであると同時に、クオリティーコントロールという面からも欠かせないポイントとなっています。徹底して高品質なスーツを仕立てたいという思いがあるからこそ、すべてを自分たちでやっているというわけですね。

気になる値段は、2Pスーツが40万円~、3Pスーツが40万8,000円~と、決して安くはありませんが、上記のようなこだわりや思いがあることを考えると、それだけの値段に見合う価値は大いにあるといえるでしょう。少し値が張るとしても、本当によいスーツが欲しいという人におすすめです。

スーツそのもの以外のアイテムの値段は、ジャケットが31万円~、ウェストコートが10万5,000円~、トラウザーズも10万5,000円~、オーバーコートが46万5,000円~です。スーツそのものにも引けを取らない高価格ですが、やはりこちらも、例え高額だとしても品質にこだわり抜きたいという人にはおすすめだといえるでしょう。

■ HOUSE STYLE ORDER(ハウススタイルオーダー)
左右非対称補正などが含まれる、ビスポークとほとんど同等なレベルの型紙補正によって、顧客一人一人の高次元な型紙を作って仕立てるのが、ディトーズの「ハウススタイルオーダー」です。デザインはすべて、オーナーである水落氏が設計したクラシックスタイルとなっています。

しかし、どのようなバリエーションのものにするのかというのは自分で選ぶことが可能です。また、細かい補正や、ある程度まではデザインに対する要望を聞いてもらうこともできます。

縫製は、オーナーの水落氏が絶対的な信頼を置いている縫製工場が請け負っています。加工を委託している工場とは密接にコミュニケーションを取って進化と発展を繰り返してきたという関係とのことなので、品質にはかなり期待できると見てよいでしょう。

そういった経緯もあってか、現在ではハウススタイルオーダーでもかなり色々なスタイルやディテール、さらに仕様や芯地まで、さまざまな要望に応えられるようになったといいます。すべてを内製するビスポークも素晴らしいですが、ハウススタイルオーダーにもハウススタイルオーダーならではのよさがあるというわけですね。

ハウススタイルオーダーの価格はというと、2Pスーツが11万5,000円~、3Pスーツが14万5,000円~です。その他のアイテムは、ジャケットが8万4,000円~、ウェストコートが3万9,000円~、トラウザーズも3万9,000円~、オーバーコートが9万5,000円~というように、ビスポークよりかなり低価格になっています。

オーダーシャツも一級品

DITTOS(ディトーズ)の画像3

ディトーズはシャツの品質も一級品です。シャツは一体どういった点が優れているのかについて見ていきましょう。

ディトーズがスーツだけでなくシャツまで手掛けているのも、水落氏のこだわりが理由となっています。市場には水落氏が欲するような、顧客におすすめできるシャツがなかったことから、シャツもディトーズで用意するようになったのだそうです。

スーツはまだしも、シャツは特注してもあまり意味がないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。型紙や縫製、テーラードテクニックなど、オーダースーツを仕立てる際に必要なアイテムや技術は、オーダーシャツにも応用可能です。

そのため、ディトーズのオーダーシャツは、オーダースーツと同様に左右非対称補正などを含めた細かい採寸を行ったうえで、その人だけの型紙を作成して仕立てられる見事な特注品となっています。

生地を選ぶことも可能で、選んだ生地は湯通しして縮絨したのち、ディトーズが大きな信頼を置く国内有数の工場へ運ばれて加工されます。手間のかかり具合は、スーツとそれほど遜色がないといえるでしょう。

また、もし何年か着用していくうちに襟やカフスなどがダメージによって擦り切れたりしてしまった場合は、付け替えてもらうことも可能です。仕立ててもらったあとのフォローまでしっかりしているので、ぜひ、スーツと合わせてシャツもオーダーすることをおすすめします。

ちなみに、オーダーシャツの値段は1万9,000円~となっています。どの程度こだわるかによって値段は異なってきますが、最低でもそのくらいの費用は必要になるのが、ディトーズのオーダーシャツです。

ディトーズにスーツをオーダーする際の流れ

DITTOS(ディトーズ)の画像4
ディトーズでオーダースーツを注文する際、どのような流れで最終的な納品に至るのかという流れについても見ていきましょう。知っておくと、スムーズに注文ができる可能性が高まりますよ。

最初は、採寸をする前に打ち合わせを行います。オーナー水落氏と、スーツの用途から、生地やスタイル選び、デザインや仕様などの相談を行い、打ち合わせが完了してから採寸を行うという流れです。

採寸後は、そのデータをもとにして型紙を作り、一度目の仮縫いを行います。その際、デザイン、ディテール、バランスなどのチェックもするため、しっかりと確認することが必要です。

ただ、自分自身でゆとりやシルエット、着用感などを確認するのと並行して、技術者の目から見た誤差の修正も行います。プロの目によるチェックが入るので、自分では分からない部分まで完璧に確認してもらうことが可能です。

仮縫いとチェックが完了したら、2度目の仮縫いを行います。この段階になるともうほぼ完璧に希望通りの状態になっているため、この工程の目的は本当に細かな点の微調整を行うことです。

2度目の仮縫いが終われば、仕立て上がりです。自分とオーナー水落氏とで最終確認を行い、納品となります。

そして、納品後、着用してからなにか不具合が見つかったり、追加でなにか希望が出てきたりした場合は、水落氏に連絡すれば対応してくれるそうです。そうしたフィードバックを行うことによって型紙は成長していくため、次にオーダーするときにはよりクオリティの高いスーツを仕立ててもらえることでしょう。

ディトーズは紳士服の伝統をとても大事にしているオーダースーツショップです。紳士服本来の雰囲気や説得力を持ったオーダースーツを誂えてもらいたい人にとっては、最適なショップだといえるでしょう。

ディトーズの店舗は、港区南青山にあります。表参道駅や外苑前駅から徒歩10分圏内なので、興味がある人はぜひ足を運んでみてください。

ディトーズへのアクセス

最寄り:東京メトロ半蔵門線・銀座線・千代田線 表参道駅より徒歩10分
電話番号:03-6438-9313
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜、第2・第4日曜(アポイント優先)

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧