初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

チェックスーツでオシャレ度が上がる!?自分に合うのはどんな柄?


オーダースーツが最近流行しています。東京でも多くの専門店が登場し、サービスも多種多様です。そしてそれと並行する様に多くの疑問も出て来る様にもなってきました。チェックスーツの着こなしについての悩み等もその中の1つです。そこで今回はチェックスーツで自分に似合う柄を選ぶ方法と、補足事項についてポイントを3つ程お伝えします。

チェックスーツの基本事項について

オーダースーツを含めて、ビジネススーツは大体チェックとストライプの2つの柄に大別されます。東京の専門店も例外ではありません。ビジネスシーンで多用されるという点では、ストライプの方が主流であり、チェックは若干少なめです。

ただし、最近チェックの方も人気が広がってきており、実質的には同程度になっていると考えても齟齬はありません。無地のスーツも勿論普通に流通していますが、どちらかといえば柄物の方が人気があるという事も確認した方が良いポイントになります。

柄物のスーツを準備する場合は、柄の種類によって印象が全く変わるという事を必ず把握しておいて下さい。特に注目した方が良いのは柄の幅と大きさの2点であり、柄のサイズが大きくなると存在感が大きくなっていき、幅が狭くなるとその分快活な印象になっていきます。

幅が余りに大きすぎるとコーディネートの難度が跳ね上がるという事も知っておいた方が良いポイントです。チェックに絞って考える場合は、チェックの格子は広くなればその分だけカジュアルな雰囲気が大きくなって、狭くなればフォーマルな印象が強まるという事で考えておけば齟齬がありません。

後は、チェックは柔らかい印象を与える事には適していますが、シリアスな雰囲気を出すのには余り向いていない事も留意しておくべきポイントです。オーダースーツの専門店は東京に多いですが、注文を出す場合の判断材料として知っておくと、後で大きい違いになって響きます。

チェックを好む年代とオーダースーツの種類について

スーツの流行と言うのは、結構動きますので人気の物が変わるという事は珍しくありません。ただ、大体の好みという物は年代によってある程度固定化している部分もあります。

その点に着目して言うならば、20代は無地等のベーシックな柄が好まれる傾向が高くなっています。全体的に持っているスーツの量が少ないという事もありますが、仕事に慣れていない事も関係している様です。ただ、コーディネートとして小幅のストライプ等を選ぶ人等も相応に居ます。

それに対して、30代から40代程になると自分の気分で選ぶだけの余裕が出来たという事で、チェックに挑戦する人も相応に出て来ます。シリアスな場面で使う場合には、20代の頃に準備したストライプを使って、好きにして良い様な場面ではチェックにするという使い分け等が多い様です。

ただ、この時に多くやってしまう失敗に、ビジネスに使うという事が脇に行き過ぎてしまい、柄がどぎつくなってしまうということがあります。オーダースーツで挑戦していた場合は、失敗した時は中々の痛手になってしまいます。

オーダースーツはその性質上、返却が出来ません。特に注文形式でフルオーダーは10万円以上しますので、制作に細心の注意を払う必要があります。他の注文形式にパターンオーダーとイージーオーダーもありますが、パターンオーダーの方は2万円で、イージーオーダーの方は5万円という設定です。

そういった事を考慮するなら、余りオーダーメイド品に慣れていない場合は、まずはパターンオーダーで色々試してみてから高い方にステップアップしていく事をお勧めします。

オーダースーツの場合はお店に相談してみるのも1つ

チェックのスーツにストライプのネクタイを合わせつつ、オレンジのソックスにしてみる事やネクタイをネイビーにしてみる等、コーディネートには色々な方法があります。ただ、不安な部分がどうしてもあるという場合はオーダースーツ関係でしたら、お店に相談してみるというのも1つです。

東京でしたら専門店も多いですし、オーダースーツの注文にも様々なバリエーションがあります。どういった場面での使用を考えており、チェック柄がそこに適しているか等を聞いてみると、長年の経験から来る率直なアドバイスをもらえる事も多いです。

オーダースーツは既製品よりは経年劣化に強いとはいえ、長く使っていれば摩耗していきます。その時に備えてメンテナンスが手軽に出来る様な構造で注文する事等も考えた方が良いポイントですが、そういった点も含めて、お店の人とは出来るだけコミュニケーションを取っておいた方があらゆる意味でメリットがあります。

前提条件として、自分の目的に合ったスーツの専門店を探しておく等の下調べはしないといけませんが、良いスーツを作る為には多くの情報が必要です。使用目的もそうですが、クライアントがどういった印象を持たれたいのかといった要望や、不安や心配事等によっても最適なスーツは激変します。

場合によっては、フルオーダーの注文予定をイージーオーダーに変えた方が良いという結論になる事もあれば、その逆も起きてきます。そういった目で見るのならば、コーディネート関係の相談等も遠慮しないで沢山する様にした方が色々な意味でメリットも大きいです。慣れが必要な部分もありますが、何処かで意識しておく事をお勧めします。

 

チェックを選ぶ場合は、格子が広いとカジュアルで狭くなるとフォーマルな印象になります。使用した場合は全体的に柔らかい印象になって、シリアスな雰囲気は出し難い事等も知っておいた方が良いです。全体的に30代から40代範囲で使用が増えてくる傾向がありますが、コーディネイトに困った場合はお店に相談する事も考えてみて下さい。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧