初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

50代男性必見!余裕のある着こなしとは?


オーダースーツが現在流行になっていて、技術の向上により安価で良品を入手するのも差ほど難しくなくなって来ました。東京でも多くの専門店が登場する事になりました。

比較的若い世代を中心とした流行ですが、50代以上でも興味を持つ人が増えています。今回は、50代男性のオーダースーツの着こなしについてポイントを3つ程お伝えします。

落ち着きをテーマにして考えてみましょう

50代の着こなしを考えるに辺り、自分に似合うかどうかで決める事と何がどう違いが分からないという疑問の声が出る事がありますが、基本的には自分の好みで決めるというのでも構いません。意識するべき点があるしたら、20代から40代等の若い世代に対する模範になる必要性が出て来るという事です。

20代前後程の若い男性でしたら、世相の流れを意識してみたり、ある程度ラフな着こなしをしてみるという事でも違和感はありません。ですが、50代以降になってくると立場的、もしくは世間的に指導者の様な目で見られる事が増えて来ます。組織の顔の様な意味合いが付いてくるという事であり、若い世代は程度の差はありますが、上の世代の立ち居振る舞いを参考にします。

つまり、若い頃よりも、年長者として見本になる責任が付いてくるという事です。そういった点を考えてみるのでしたら、自分に似合うかどうかを追求するのと同時に、落ち着きをテーマにコーディネートを決めてみるという選択肢が出て来ます。

流行を単純に追いかけるのではなく、スマートさやカジュアルさを追求するという事で、スーツは濃い色を選びシャツはライトカラーを選んでみる等も1つです。この時ビジネスシューズや時計、ネクタイ等にもこだわりを持ってみると申し分ありません。

詳しくない場合には、オーダースーツ注文時に専門店の人に相談してみるのも1つです。東京の専門店でしたら、多くの注文がありますので、コーディネイトに関しても事情に合わせて相談にも乗ってもらえます。

オーダースーツには3種類程ある事も確認しておきましょう

コーディネートをする上で、オーダースーツを選択するのでしたらその種類と内容に付いても確認しておいた方が良いです。東京も含めて専門店ではオーダースーツはフルオーダーパターンオーダーイージーオーダーの3種類に分けて取り扱われています。

フルオーダーは型紙を0から制作する形式であり、体に最もフィットします。価格は10万円程度であり納期は2ヶ月から3ヶ月程になります。3種類の中では1番自分のイメージを出来上がりに反映してもらえる形式ですので、50代で注文するのでしたら定年まで使う事を意識して作るのも1つです。スーツに合わせてビジネスシューズやネクタイも選択する事になりますが、派手さよりもシンプルさを重視して選択した方が大人の男性の落ち着きを上手く表現出来ます。

パターンオーダーは、2万円程度が相場であり、納期は2週間から1ヶ月程です。ゲージ服と呼ばれる試着品から手直ししていく形式になり、若い世代を中心に流行しています。仕事の内容として外に居る事や体を動かす余地がかなりあるという場合は、パターンオーダーで注文した方が良いです。色としてはチャコールグレー等が50代には人気になっています。

最後のイージーオーダーは5万円程度で、納期は3週間程になります。数百種類ある型紙の中から着用者に合った物を選択して手直ししていく形式で、フルオーダー程ではないにせよオーダースーツが好きという様な場合には、イージーオーダーで行くというのも1つです。シンプルでもクールに着こなすという事で、濃いカラーのスーツに濃いカラーのネクタイ等をコーディネイトするのがお勧めになります。

メンテナンスの手軽さも考慮しておくと理想的です

オーダースーツを注文するに辺り、特に注意が必要なのがメンテナンスです。既製品に比べてオーダースーツの方が体にフィットしますので長持ちします。生地の素材やカラー等も自分で選べますし、慣れてくるとお洒落な大人の趣味として楽しめますが、注文して作るという性質上返却が出来ません。既製品程では無いにせよ経年劣化も起きて来ますし、その場合にはお店でメンテナンスをしてもらう事にもなりますが、その内容はお店によって随分違います。

東京であっても例外ではなく、サイズの調整やほつれ直し等をやってくれるという所もあれば、シルエット等も含めて徹底したサービスが出来る所もあり、もしくは全くやっていないというケースもあります。どの形式で頼むにしても、注文する場合にはそういったメンテナンスの部分も意識して依頼する事をお勧めします。難度としてはフルオーダーが特に難しいという事で考えて下さい。

これ以外にも注意点がありますが、フルオーダーは全てを0からやる分だけ、製作者に自分のイメージをしっかり伝えなければいけません。仮縫いの為に何度も出向く事にもなりますし、ある程度のコツが必要な形式とも言えます。オーダーメイド品には慣れていないという場合は、相応に下調べをしていく事や、製作者サイドのアドバイスを積極的に聞くという事で調整する事をお勧めします。場合によっては、パターンオーダーやイージーオーダーの方で注文のコツを掴んでから挑戦するというのも1つです。

 

50代にもなれば、若い世代の模範にならざるを得ない様な面も出て来ますので、自分の好みで選ぶという視点以外に落ち着きやシンプルさ等を意識してみるという事で着まわしを考える必要があります。ネクタイやビジネスシューズ等も同時に合う様な物を選んでいけば申し分ありません。後はメンテナンスの事とオーダースーツの3種類の内訳を意識しつつ、注文をする様にすれば理想的です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧