初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

国内縫製と海外縫製の違いって?どっちがいいの?

東京にはオーダースーツを受け付けている専門店やショップがたくさんあります。

店によっては国内縫製または海外縫製とその縫製課程に違いがありますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。国内縫製と海外縫製について詳しく見ると共に、その違いについて詳しくご紹介します。

国内縫製とは?メリットとデメリット

国内縫製とは、国内にある縫製工場でオーダースーツを作成することです。取り扱っている縫製は幅広く、肌着から寝具、パジャマ、帽子などの小物などさまざま。単に縫製するだけでなく刺繍と言った工程も受け付けている工場もあります。

こうした縫製工場はブランド会社や服飾店と提携していることが多く、そこから発注されたものを製造し、納品します。  国内縫製のメリットは、国内なので発注から納品までスムーズに行きやすいと言う点がまず挙げられるでしょう。発注を増やすなど急に生じた時もスピーディーに連絡できます。

国内工場で製造されるので信頼度が高いというメリットもあり、それは昔から続いている縫製工場であればより高くなるのではないでしょうか。そうした老舗の縫製工場では昔から受け継いできた技術もありますし、実績も豊富なので、安心して任せられるという面もあります。発注先のニーズが細分化されている傾向に合わせ、小ロット生産している縫製工場も多く、利便性が良いという面も国内縫製のメリットになるでしょう。

反対にデメリットですが、すべての工場が幅広いアイテムの製造に対応しているというわけではなく、備えている設備や主力のアイテム、ミシンの機種などによって得意不得意があり、希望の場所を探すと言う手間が出てきます。廃業する国内縫製工場が増えていてるので、ここなら、という工場を探すのがますます難しくなってきているというのが現状です。

細かなオーダーにも対応してくれ、品質も良いという評判のある国内縫製ですが、人件費など海外縫製に比べるとコストがどうしても高くなってしまう傾向があります。

海外縫製とは?メリットとデメリット

受注したアイテムを、海外の工場で縫製することを海外縫製と言います。縫製工場を海外に持っている東京の会社も多く、主な縫製工場はベトナムやタイ、中国などです。

日本から届いた商品を仕分け、発注内容を確認、生地に問題がなければ縫製に入ります。出来上がった製品に対して細かな検査やチェックが行われた後、日本に出荷されます。

海外の縫製工場は広い敷地に建てられていることが多く、大量生産が可能です。中には小ロット生産を手掛けている工場もあるので、大量生産から小規模の仕事まで幅広く対応しています。国内よりも人件費が安く、発注する側にとってはコストを抑えられるというメリットも。

工場で働く希望者に対して縫製の研修を行っている工場もあり、スキルを身に着けた多くの若者達が誕生しているので、これも後に技術をつなげるという点ではメリットになります。

海外縫製工場すべてに当てはまるわけではありませんが、中には品質管理のレベルが低く、出来上がった製品の質に影響を与える場合もあります。縫製が甘くすぐにほつれたりすると言ったこともあるため、品質にウェイトを置くなら、縫製工場を選ぶ慎重さが必要になってくるでしょう。

縫製の人材育成も進められ、ハイテクミシンを使った工場が登場するなど、海外縫製の技術も向上していますが、ニーズの全てをカバーできるというわけではなく、改善の余地を多く残しています。

国内縫製と海外縫製の違いはどこにある?

国内縫製と海外縫製の違いについて、技術面・コスト面・品質面から見てみます。

国内の縫製技術は、和裁士と呼ばれる人たちを中心に支えられてきました。和裁技術は着物など、日本の特有の伝統を製造することで培われてきましたが、国内縫製工場ではこうした技術を大切にしながら、手縫いで製造しているところがほとんどです。一方の海外縫製ですが、ミシンを使って作業する傾向があり、仕上がりのスピードや仕立て具合に違いが出てきます。

コストの面での違いを見ると、どちらかというと国内縫製は人件費やスーツの生地代にお金がかかり、海外縫製よりどうしても高めになってしまいます。それは、国内縫製でのオーダースーツは生地選びからこだわり、伝統の技術を使って縫い上げられ、手間ひまかける傾向があるからです。

基本的にはコストをかければかけた分だけ納得の行くスーツが作れ、コストを下げれば手頃な価格でオーダースーツを作成することが出来ます。  生地と技術の違いが出てくるため、仕上がるオーダースーツの品質にも違いが出てきます。

手縫いが主流の国内縫製の場合、細かいニーズにまで応えられるので、品質が安定した、着心地の良いスーツになる傾向があります。海外縫製で仕立てられたオーダースーツも決して悪くはありませんが、生地選定から縫製、仕立てまでの課程の違いは、出来上りにも違いが出てきます

 

国内縫製と海外縫製どちらにもメリットやデメリットがあり、品質向上のため技術力を上げているという点では共通しています。両者の決定的な違いは、細かい部分までこだわりを持って作るか、コストを重視してそれなりに仕立てるかではないでしょうか。

どちらが良い・悪いというわけではありませんが、東京にあるオーダースーツのショップを選ぶ時は、この点を考慮すると選びやすくなるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧