初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

ビジネスシーンに合わせたオーダースーツの選び方とは?

昨今、オーダースーツの値段もだいぶ手軽な範囲になってきました。東京でしたら専門店も多く、質が良いオーダースーツを入手する事も差ほど難しくありません。ただ、ビジネスシーンに合わせてどうオーダースーツを使い分けたら良いのか等、色々な疑問も出てきます。

今回はビジネスシーンに合わせた選択法について、ポイントを3つ紹介します。

3種類あるオーダースーツの詳細を把握しよう

オーダースーツと一口に言っても、3種類程に分かれています。

フルオーダー・パターンオーダー・イージーオーダーであり東京の専門店でもそれは例外ではありません。

フルオーダーは型紙から作る形式で、値段も10万円程掛かります。最も体にフィットしますが、製作の難度が高めという事もあり、依頼を受けてくれるお店が少ないというデメリットも出て来ます。製作期間は大体2ヶ月から3ヶ月程度になります。ビジネスシーンで考えた場合は、特に重要なVIPが集まり失敗が許されない様なシーンでの着用等を考えると、齟齬がありません。

パターンオーダーの価格は2万円程度であり、最近とても広がってきたタイプのオーダースーツです。ゲージ服と呼ばれる試着品をベースとして色々修正を加える形式であり、オーダーメイド品に慣れていない人は此処からスタートして、色々慣れるのを待つというのも1つです。製作期間も2週間から1ヶ月という事で比較的早い入手が可能となります。通常の仕事着としても使えますし、別口で違うデザインの物を式典様に用意しておくというのも1つの考えです。3種類の中では、どちらかと言えば普段着に近い分類になります。

そして最後のイージーオーダーは、数百種類の型紙から着用者に合った物を選択し、調整をしていく形式です。価格は5万円程度で制作期間は3週間程度になります。フルオーダーには一歩劣りますが、体にとてもフィットしますし、自分のイメージも反映しやすい形式です。ビジネスシーンで考える場合は、フルオーダー程ではありませんが、どちらかといえば礼服向けになります。

ビジネスシーンの中心人物の面子を重視するのがコツ

どの形式のオーダースーツであったとしても、しっかりした作りになっています。既製品に比べてそれぞれ体を採寸して作りますし、体に合っている分だけ長持ちもします。

3種類でそれぞれ違いはありますが、製作者にヒアリングもしてもらえますので、着用する場面に合わせたオーダースーツを用意も出来ます。経年劣化によるダメージは蓄積してきますので、作る前にはお店のアフターケアの範囲がどの程度の物なのか調べておく必要はあります。

特別な作りにし過ぎて、特定のお店で無いと手入れが出来ない様な物にしてしまうと、着る事に躊躇いが出てしまうという様な面も無いではありません。ですが、そういった調整面の難しさを除くのでしたら、どの場面でどの服を着ていても無礼であるという事に直結したりはしません。

ただ、それでも選択の具体的な方法を考える必要があるとしたら、着用場面を具体的に想像してみて下さい。学生時代の友人の結婚式等で、メンバーも大体顔見知りであるというならば、パターンオーダーを着ていくのでも違和感は無いです。

ですが、これがお世話になった恩師の大事な式典というのでしたら、より深い敬意を表現するという意味でイージーオーダーやフルオーダーを着ていくという考え方も出来ます。 勿論、相手が必ずしも配慮に気付くとは限りませんが、伝わる時にはとても大きく伝わり後にも響いてくる物です。

自分の都合では無くそのビジネスシーンにおける中心人物の面子の事を出来るだけ細かく想像し、リスクがあると思い当たった場合には、予防策や別の選択肢に変えていけば、大きいミスは相当に防げますので、迷った時には意識してみる事をお勧めします。

オーダースーツの制作過程を知っておこう

まずは、3種類のオーダースーツからどの形式で行くのかを決定し、その上で依頼を受けてくれる専門店を探す事から始めます。東京でしたら専門店は相当多いですが、その分だけ制作される品物にもそれぞれ個性があります。

フルオーダーでしたら、フルオーダーなりの工夫がありますし、他の形式においてもそれは同様という事です。専門店が多い分だけ、そこは東京では少し大変な部分ですが、出来るだけ細かく調べておく事をお勧めします。

次にお店が見つかったら、制作サイドからの要望に関するヒアリングを受ける事になりますが、この時に想定されるビジネスシーン等について、出来るだけ詳細に説明する様にして下さい。

場合によっては、アドバイスも貰えますので参考に出来ます。スーツ関連のプロによる見立てとも言えますので、迷っている場合には全面的に意見を聞いてみるというのも1つです。アドバイスによっては選択予定だった形式が変わる事も珍しくありません。

後は生地選びから採寸が行われ、仮縫いと縫製を経てから、納品という段取で進んで行きます。この時、特に重視すべきなのは仮縫いの段取です。体にしっかり合う物を作りたい場合は、仮縫いにどの程度手間を掛けたかに掛かって来ます。

この段階でしたら修正も可能ですし、要望や気になった事があったら、遠慮しないで質問した方が出来上がりの品質が全く変わります。高品質なオーダースーツ入手の為にも妥協しない事をお勧めします。

 

相手の面子を重視しつつ、想像力を働かせてみる事がビジネスシーンでのオーダースーツの選択には重要になります。フルオーダー・パターンオーダー・イージーオーダーそれぞれの特徴をしっかり把握しつつ、心配な場合は注文先のお店に相談もしながら、慎重に考えて選択するのがコツです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧