初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

就職が決まったら!内定祝いに嬉しいオーダースーツ!

就職は人生において大きいイベントの1つですので、内定のお祝いにオーダースーツを贈るというのは良い選択です。東京には専門店も多いので、しっかり探すのであれば良い品物を入手する事も難しくありません。

ただ、オーダースーツを贈る場合には幾つか注意した方が良いポイントもあります。


オーダースーツには3種類あります

東京にオーダースーツの専門店は数多いですが、まずオーダースーツには3種類ある事を確認する必要があります。フルオーダーとパターンオーダー、イージーオーダーという分類です。

まずフルオーダーは10万前後の価格であり、最も高い品になります。納期は2、3ヶ月程で個人のこだわりが1番出せるという意味では最高の品です。ただ、完全に0から作りますので、引き受けてくれるお店はそんなに多くありません。納期も結構掛かりますので、就職の手続き等で忙しい中で贈る相手に微調整に付き合ってもらえるか等で考える部分が出て来ます。

パターンオーダーは、ゲージ服と呼ばれる試着品を基礎に仕上げて行くオーダースーツです。価格も2万円前後で結構リーズナブルに仕上がります。自分のイメージをフルオーダータイプ程に反映出来ないデメリットはありますが、納期は平均で1ヶ月、早い所では2週間で仕上げてもらえます。オーダーメイド品は初めてという方の就職祝いという意味では、結構お勧め出来る方式です。

そしてイージーオーダーですが、これは5万円程度の予算となります。数百種類ある型紙の中から依頼者に合った型紙を手直ししていく方式で、納期は3週間程です。フルオーダー程ではないですが、かなり自分のイメージが反映出来ますし、特別な記念日の贈り物であり、実用品でもあるという2つの面もクリア出来ます。その辺りを重視するなら、こちらをプレゼントするというのも1つです。

まずはこの3パターンを対比してみて、どの方式の物が良いのかを考える事から始めてみる事をお勧めします。

相手にオーダースーツを贈る場合には注意事項もあります

まずオーダースーツは本人に合せて作る物ですので、返却が出来ません。上手い仕上がりに持って行くには、製作者側としっかり打ち合わせをしてイメージを共有する事が重要ですが、これは慣れるまで結構時間が掛かります。

自分用の品物を注文する場合と、就職祝いとして人に贈る場合には色々コツが変わってくる部分も多いです。 本人が就職先でどう見られたいか等で調整したい部分も出て来るでしょうし、余りに高い品だった場合は破れたりしないか等を心配して気後れしてしまうという事もあります。

プレゼントとして贈るのでしたら、そういった面も意識しつつ本人が1番気軽に使える範囲の物になる様に調整する事等の配慮は必ずしておく事をお勧めします。内定祝いという事でどうしても嬉しくなり、高い物を贈りたいという気持ちになる事もありますが、使用者の事をまずは重視して考えるのがプレゼントのコツです。

後は服のメンテナンスについても、出来るだけ手軽に出来る物を選択する事をお勧めします。人によってはオーダーメイド品に慣れており、専門店に依頼する事等に躊躇いが無い事もありますが、その逆であるパターンも少なくありません。

東京には専門店も多いですし、中には制作したお店で無ければお直しが出来ない様な場合も無いでは無いですが、経験が少ない人にしてみたら、何から手を付けて良いのかすら分からないという様な事もあります。

そういった事を考えてみるならば、特別な品であり同時に気軽に扱えもするという2つが、上手く両立している物を選ぶ様にした方がメリットが大きいです。オーダースーツ選択時には意識しておく事をお勧めします。

オーダースーツを注文した場合の流れを知っておきましょう

まずフルオーダーかパターンオーダー、もしくはイージーオーダーの3種類のどれにするかを決めたら、それが可能なお店を探します。東京でしたら専門店も多いですので、候補を探すのも差ほど難しくありません。

その後はお店で用途や着用シーズンについてヒアリングを受けます。この時に重要なのが遠慮をしないで質問をしたり、アドバイスを受けたりする事です。出来るだけ沢山のコミュニケーションをお店の人と取った方が仕上がりも随分変わって来ます。

この段取の後に、生地の選択とデザインの決定に入ります。フルオーダーの場合は生地選択の時に、テーラーが幾つか候補を見繕ってくれたりもします。そして次に採寸になりますが、採寸の時には実際に使う予定の靴や、ベルト、ワイシャツといった物を用意していく事がおすすめです。袖から除くワイシャツの長さだったり、スラックスの長さの微調整等には何れも重要なデータになります。

そしてこの段取をクリアしたら、仮縫いに入っていきます。実際に着用して、細かい部分を調整し、その上で正式な縫製をして、最後に納品になります。特に重要なのが仮縫いの段取で、この部分でどれ位手間をかけたかでフィット感が全く変わって来ます。仮縫い段階でしたら、デザインの変更が利く事もあるので、この時も遠慮しないで意見を沢山した方が色々な意味でメリットが大きいです。

これらの流れを知っておくと、使用者との会話の機会も増えますし、追加注文を出す場合のタイミングも計れますので、必ず確認しておく事をお勧めします。

 

オーダースーツにはフルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーの3種類がある事を知った上で、実際に使用にする人の事を考えて最適な物を選ぶ事です。自分が使う場合と、人に贈る場合はコツも変わって来ますので、そこは注意が必要になります。後は制作時の流れを知っておき、微調整に役立てる様にすれば申し分ありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧