初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

男性でも簡単!スーツを長持ちさせるための手入れ方法

東京には自分にぴったりのオーダースーツを作ってもらえるお店がたくさんあります。せっかく作った格好良いスーツを長く着たいと考えるのは、自然な発想です。

スーツは1回着用しただけでもダメージを受けやすく、汗が染み込んだりほこりが付着して傷みの原因になります。今回は簡単にオーダースーツを長持ちさせるためのお手入れ方法などを紹介します。

ハンガーにかけて適切に保管する

オーダースーツを1日着用しただけでも、意外にダメージは蓄積されます。家に帰った後は何気なくハンガーにかけて収納してしまいがちですが、ここでも注意を払うべきポイントがあります。

まずスーツは、スーツ専用のハンガーにかけることが重要です。 肩幅の合っていないようなハンガーにオーダースーツをかけると、そこから型崩れが始まります。おかしな位置に出っ張りや凹みができると、それだけでせっかく東京で制作したオーダースーツも台無しです。

スーツに合ったものを選ばなければいけません。東京でオーダースーツを作るときに、見合ったハンガーを見繕ってもらうのも良い方法です。アフターメンテナンスまでアドバイスをくれるスーツ屋さんが東京にはたくさんあるので、専門家に意見を求めるのがベストです。

ジャケットのハンガーは、湿気がよく取れる木製がおすすめできます。肩のラインに合った肉厚で丸みがあり、前方にカーブしているものを準備すれば型崩れを防ぐことが可能です。スラックスはクリップ付きのハンガーがベターです。裾を上にしてつるして保管するだけでも、自然にシワを伸ばすことができます。きちんとしたものを用意するだけなので、男性でも簡単にできる手入れと言えます。

保管は、直射日光の当たらない場所に静置することも重要です。襟や肩周りの汚れを防止するためにタオルやカバーをかけておくのもおすすめです。シーズンが終了したら、長期間の保管に備えて不織布や防虫カバーをかけてさらに厳重に管理します。クリーニングから戻ったままでビニールをかけておく人が多いですが、通気性が悪くなるためおすすめできません。

スーツをブラッシングするのも大切な手入れ

東京で作ったオーダースーツには、たくさんのポケットが付いているのが通常です。脇のポケットや胸ポケット内ポケットなどです。脇と胸は基本的にはものを収納する場所ではなく飾りなので、何かを入れるように作られていません。

内ポケットは気軽にものをしまえ便利なので使用する人も多いですが、これもあまり重たいものは入れない方が良いです。中にものを入れている人は、帰宅したらすぐにハンガーにかけ、全て取り出すことが大切です。入れたままにしておくと重みで周辺の生地が伸びてしまったり、シワになる原因になります。型崩れも起こしてしまうため注意が必要です。

日常的にスーツにブラッシングをかける男性は稀です。しかし、適切にブラッシングをすることで飛躍的にオーダースーツの寿命は延ばすことができます。まずは毛足が長く密生しているやや固めのブラシで、下から上にほこりを掻き出すように軽くかけていきます。豚毛のブラシなどがおすすめで、専門店で簡単に購入することができます。

こまめに行えば、スーツの持ちを良くすることが可能です。 ついてしまったシワは、伸ばすための工夫も大切な手入れの1つです。時間がある時はスチームを使用するときれいに伸びますが、そうでない時は肘や膝の裏部分を霧吹きで湿らせておけば、ある程度自然にシワは伸ばせます。市販されているシワ取りスプレーなども上手に活用すると良いです。

スチームやプレスとともに汚れにも適切な手入れを

家で少し手間をかけて手入れをするときは、スチームとプレスが威力を発揮します。まずジャケットをハンガーにかけ、スチームアイロンを直接当てるのではなくやや離して蒸気を当てつつ、ゆっくり動かします。

そして湿気が乾いてしまう前に生地をゆっくり引っ張りながらシワを伸ばすと良いです。 スラックスをプレスするときは、元の位置と違う場所に折り目がつかないように慎重に行うことが大切です。

片足ずつ行った後は、再び専用のハンガーで吊るしておくのがコツです。 オーダースーツを着ていて、急な雨等で泥はねやシミをつけてしまうことがあります。そんな時はハンガーにかけ、まず乾いたタオルで水分を拭き取ります。すぐにクローゼットにしまわずに、風通しの良いところに吊るして乾かすことが大切です。

汗へのケアも重要な手入れです。裏返して汗をかきやすい背中や脇の下・膝の裏などを固く絞ったタオルで拭き取り、裏返しのままハンガーにかけて風通しの良い場所で1日から2日吊るしておきます。乾いた後でスチームアイロンをかけて仕上げれば完了です。

泥が跳ねてしまった時は、完全に乾かしてから歯ブラシなどで固まった泥を落とすと良いです。それでも取れない汚れは、水をつけた綿棒で叩くように落とします。醤油やコーヒーなど、水溶性の汚れがついたらシミの下に布やティッシュを置き、固く絞った布で軽く叩きながら落としていきます。

口紅やボールペンなどが付着したら、シミの下にタオルを敷いて洗剤をつけた歯ブラシかタオルで叩くように落とすと良いです。汚れが取れたら水洗いで洗剤を落とします。

 

東京でオーダースーツを作った男性でも、自宅で簡単にできる手入れ方法は意外とたくさんあります。適切なハンガーを選び、シワや汚れに対しても正しい手入れを行うことで、長く格好良い形を保ったまま着用し続けることが可能です。少しの工夫や手間で時が経つほど差が出るので、長持ちさせるために時間を見つけてケアすると良いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧