初心者必見!東京でオーダースーツを買うのにおすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も交えて紹介しています!

シングルスーツは二つボタン?三つボタン?どちらを選ぶ?


オーダースーツが最近徐々に流行してきています。東京でも多くの専門店が出ていますが、オーダースーツを着用するにあたり知っておいた方が良いポイントも幾つかあります。シングルスーツにおけるボタンの扱い方等もその1つです。今回はオーダースーツのボタン関係について、3つ程確認しておくべき事を述べて行きます。

シングルスーツの一番下のボタンは飾りです

オーダースーツを東京の専門店で注文したとして、それがシングルスーツでしたらジャケットの1番下のボタンは飾りです。ベテランのサラリーマンでも留めている人が居ますが、下まで留めてしまうとシワが出来てしまいシルエットが崩れてしまいます。

昔は全てのボタンが飾りだったのですが、その頃から事情が色々と変わり、名残として残ったのが1番下の飾りボタンになります。 ただ、シングルスーツと言っても、2つタイプを筆頭に4つ以上ボタンが付いている物まであって、何処まで留めて良い物なのかルールがよく分からないという声もあります。

その場合は2つだったら最後の物を飾りと見なし、シングル段返りのスーツの場合は2番目の物だけ留めて下さい。段返りのスーツの場合は、1番上が2番目の直上にあり、スーツの下襟に隠れてしまうという事情があるので、2番目を留めるのがバランス的には1番安定します。3つや4つ付いている物の場合は、単純に1番下を留めないという事で構いません。

基本的に4つ以上付いているタイプのスーツは、オーダースーツです。一般的な物としてはとても珍しく、その分だけ固定されたルールがあるわけではありませんが、悪目立ちを警戒したいという様な事がある時には注文自体パスした方が無難です。

他にはビジネススーツとして珍しいケースでは、1つタイプの物もあります。これは礼服に多いタイプでビジネスで使うのは避けた方が良い物ですが、もしも使う必要がある時には、1つですので留めてしまって構いません。

シングルスーツには他にも確認したいポイントがあります

シングルスーツで2つボタンを選ぶか、3つのタイプを選ぶかは個人の好みによる所も大きいですが、トレンドで言うならば2つのタイプの方が流行っていたりもします。後は4つは少し特殊なタイプで、1つは礼服の場合が多いですが、使ったとしても失礼に当たるという様な事はありません。ただ、一般的では無いという事は認識しておいた方が良いです。

後は、人によっては混乱する場合も多いのですが、シングルスーツのシングルというのはボタンの配列の事を指し、縦一直線に並んでいる形式のスーツの事を言います。それに対してダブルスーツというのは、横にボタンが配列してあるタイプで、現在の主流になっているはダブルスーツ4つ掛け1つ、もしくは2つボタンタイプになっています。この辺りの違いもスーツ選択時には確認しておくと後で大きい違いになって響いて来ます。

他には、座った場合のマナーとして、座った時にはボタンを全て外すという事も知っておくとお洒落な印象を相手に持ってもらえたりもします。スーツを長持ちさせるコツでもありますが、元来スーツは立ち居で使う事を前提に設計される物です。

つまり立っている時が最も見栄えする様になっているという事で、座っている時はそのフォロー範囲から外れてしまいます。留めたままではシルエットが崩れたり、シワになってしまう切欠にもなりますので、座る時には全て外す様にする事をお勧めします。東京でしたら、専門店も多いので困った場合にはお店の人に相談してみるのも1つです。

オーダースーツの種類やメンテナンスの事も考えておきましょう

ボタンの数については現在の主流が2つタイプであり、一番下は飾りボタンであるという事を知っておけば大体対応出来ます。ただ、それ以外に確認しておいた方が良いのはオーダースーツの種類です。

一口にオーダースーツと言ってもフルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーの3種類があります。最も高い代わりに自分の体に1番フィットするのがフルオーダーで、この形式は10万円します。

パターンオーダーは試着品を基盤として修正していくタイプで、これは2万円程度で入手出来ます。完成図をイメージしやすいというメリットがありますが、フルオーダーやイージーオーダーよりも自分のイメージが反映されないというデメリットも無いではありません。

そしてイージーオーダーは5万円程度であり、フルオーダー程では無いにせよ良い品が欲しい場合には、この形式が向いています。 注文難度としては、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーの順で難しくなると考えて下さい。慣れない場合はこの順番で少しずつ様子を探って先へ進んでいく事をお勧めします。

後はメンテナンスの手軽さ等も必ず確認しておきたいポイントです。東京には専門店も多いですが、アフターケアのサービス内容は色々違って来ます。オーダースーツであったとしても経年劣化は避けられませんし、メンテナンスは何処かで必ず行う必要があります。それを考えるのでしたら出来るだけ簡単でその上、しっかりした内容が揃っているお店に依頼した方が色々な面でメリットが大きいです。

 

シングルスーツのボタンの数は、現在は2つタイプが人気となっています。ビジネスで使う場合には、2つか3つが中心であり、1つや4つはメジャーでは無いので避けた方が無難です。

他にはスーツのマナーとして隠れたポイントもありますので、その辺りを外さない様にすればより理想的になります。後はオーダースーツの種類とメンテナンスの手軽さ等を意識した注文をすれば申し分ありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧